大手町~丸の内

e0141077_13292589.jpg
今週は用があって2回も丸の内へ。
独身時代、大手町で一年ちょっと
働いていたことがあって
(勤めていた銀行の本店があった
のです。)
ちょっと懐かしかった・・・
けれど、東京駅近辺の
風景が変わっているのに
ビックリ。

←このビルはそのなかでも
空を映してとても綺麗だったので
激写(携帯でね!笑)



e0141077_13321260.jpg

玄関のお花をアイビーから
ポーチュラカに変えました。
e0141077_13333229.jpg

涼しそうでしょ?アメリカンブルー。
e0141077_13335948.jpg

↑シンデレラ(薔薇)もすくすく育ってます。
これに、ブルーベリーやラズベリーを加える予定。^^
e0141077_13342124.jpg

最後は金曜日のお決まりのケーキ。o(〃^▽^〃)o



大手町で、ある銀行の方から胸の奥にしみこんでくるような
お話しを聞きました。エリート中のエリートといっていい
その方が会社の激務をこなしながらも、会社の中で
追い詰められた痛んだ方たちを支え、励まし、もう一度
元気にお仕事に復帰していく過程を見守っていらっしゃる
そのまなざしと思いに胸がうたれました。

このお話しは遠い世界のお話ではありません。
私の周りにも心を病んでしまう人は少なくないし、
私自身、ここ数ヶ月のあまりの忙しさと仕事上で
要求された緊張で、疲れはてていたので、
身体と心を休めるためにだけ、まとまった休暇を
とって正解でした。誰にでも起こりうることなのです。

毎年3万人以上の人が自殺している日本。
自殺で亡くなる一月以内に相談機関に行っていた人は62%も
いるのだそうです。それは、亡くなっていった方たちが実は
「生きたかった」からではないかと、その方は問いかけておられました。

迷ったときは、「心の中にいる神様の小さな声に従えばよい」と苦しんで
いる人に語りかけておられるそうです。このお話しをしてくださった方は
クリスチャンなので、もちろん「聖霊なる神様の声」を意味しているわけですが
クリスチャンではない人にとっても、「良心の声」として自然に受け入れられて
いるそうです。

「聖霊なる神様の声」にしても、「良心の声」にしても、
立ち止まって聴こうとしなければ、聴こえない声のような
気がします。

私も今、静かに、その声を聴こうとしています。
[PR]

by clara19 | 2008-07-12 13:46 | Jesus