心の鏡

e0141077_1101073.jpg



ここしばらく、体育祭のための朝練があって、毎朝早く
学校に行かなければいけないRを駅まで車で送っています。
今年が最後の体育祭。実行委員の1人としてがんばってます!

鏡の前で、何度も髪型をチェックしてから家を出て、車に乗ってからも
さらに、鏡でチェック。(←笑ってはいけませぬ・・・我慢我慢のクララです・・・)



そんなR君を見ながら、しゃべったのは・・・

「R君ってさ、中学生になってからよく鏡を見るようになったよね?

それと同じように、心にも鏡が必要だと思うのね。

神様って、いつも心を見てるんだと思うの。
その心って、実はわかりにくいものだと思うの。

だから、ママはできるだけ、毎日聖書を読むの。聖書を読んでいると・・・
自分ではいいと思っていたことでも胸が痛んだり、もっと
こうしたほうがよかったなって思ったり、心配しすぎだってわかったり、
アクションを起こすように促されたり、待ちなさいと言われたり、
希望や夢を与えられたり、いろいろ気がつくことがあるのね。。。

イエス様が、

「私はぶどうの木。あなたがたはその枝である。もし、人がわたしに
つながっており、またわたしがその人とつながっておれば、その人は豊かに
実を結ぶようになる。わたしから離れては、あなたがたは何一つできない
からである。」(新約聖書ヨハネによる福音書15章5節)


って言ったのはそういう意味もあるんじゃない?

クリスチャンでも、大きな罪を犯す可能性はいつもあると思う。
R君が気づいてるように、正しいと思いこんで間違ったことをして
しまうことも・・・ありうるよね?

だから、誰もが、心に鏡が必要なんじゃないかな?」

Rは、ずっと窓から外を見てて、お返事はありませんでした。。。(^^;;

でもちゃんと聞いてたと思う。彼の心に届いたかどうかはまた別だけど。(笑

疑問?         オッケイだよ。
心が揺らぐこと?  ハイ、誰でもあります。

ママやパパを喜ばせるためにじゃなくて、R君と神様の関係が
深くなっていくことが、一番だから、疑問は答えを見つける
ために生まれているんだよね、きっと。。。
[PR]

by clara19 | 2009-06-13 08:18 | Jesus