Paul Pottsが歌うトウランドット



今、龍角散のCMで、彼の歌が流れてますよね?
携帯のセールスマンから一夜にして、
世界的なオペラ歌手になったPaul Potts。
偶然見つけました。

これ、映画じゃなくて実話なんです~



幼い頃から家が貧しく顔立ちにあまり恵まれず、それ故に周囲から
いじめられ続けていた中、10歳から教会で聖歌隊として歌い始める。
16歳のとき、いつしか憧れのホセ・カレーラスのようになり、
満員のオペラハウスで歌いたいという夢を抱くようになった。

しかし、当時ヨーロッパでは、オペラ歌手は憧れの職業と見なされていて、
歌の実力はもちろんだが容姿も重要視されていた。そのため、ポッツは
自分に自信が持てず、プロへの道を一時断念する。

1994年、大学を卒業してスーパーマーケットに就職。その後もアマチュアの
オペラ劇団でオペラを学び、ボイストレーニングを続けた。

その後、インターネットのチャットルームで知り合った女性と交際を始め、
出会って2年後に結婚。

しかし、2003年7月、自転車で出勤中にポッツは交通事故に遭ってしまう。
命に別状はなかったが、長期の入院生活を余儀なくされ仕事を失う。

退院すると莫大な治療費の請求が来たため、妻の反対も押し切って
歌のレッスンを辞め、所属していたアマチュアのオペラ劇団も退団した。
その後、携帯電話のセールスマンとなる。

2007年、妻の後押しもあり、イギリスのオーディション番組「Britain's Got Talent」
へ出場を決意。これで駄目なら歌はきっぱり諦める覚悟で望んだという。

トウランドットを歌って、審査員全員と会場全体を熱狂させ、見事優勝し、
同番組の激辛審査員として知られるプロデューサー、サイモン・コーウェルに
認められ、一夜にして携帯電話ショップの店員から世界的オペラ歌手となる。

2008年4月29日、世界ツアーで来日。チケットは全席完売。
[PR]

by clara19 | 2008-10-25 06:48 | 日々のできごと